2006年3月の 日 記

 

2006年 03月31日(金)

筆舌しがたいね の巻

今日パチスロのネームをFAX。無事に通過。やっと原稿に入れる。

あと某企画のための1p漫画の下書きをメールで送付。

 

この数日は色々あって。漫画も更新もクソもなかったです。

田舎で通夜やら葬儀やらあったもんですから。

1月下旬から続いたゴタゴタもここまで。

 

2006年 03月27日(月)

打ち合わせでしたの巻

今日は某打ち合わせで神保町へ。

出掛ける直前に右手人差し指と中指を負傷。まぁちょっとベロッといきまして、少量なんだけど「舐めるのは嫌かな」と思うくらいの量の出血。

つってもたいした怪我でもないんですが。絵を描くのに支障がない怪我なので良かったですわ。

 

打ち合わせ後に本屋へ。ちょっとした小説とコミックなんぞ探す。

大体神保町で漫画とか探す時の俺のルート。(古書でないものの場合ね)

コミック高岡→書泉グランデ→三省堂→書泉ブックマート

…まぁ通りに沿ってデカイトコ攻めるだけの芸の無さですよ。

今日は三省堂で目当てのモノを早々発見。よかった…どこにもなかったら秋葉原とかまで遠征に行ってたかも。(ムキになると行く)

 

2006年 03月26日(日)

悪戦苦闘中の巻

炊き込みご飯の素みたいなヤツで「パエリア」作れるヤツがあったですよ。

お釜に米と水とパエリアの素とシーフードミックスをぶち込んで炊飯器で炊くだけ。

実践。

パエリア完成。

食す。

二度と食わないと固く誓う。

そんな春の日曜日。

 

ネーム悪戦苦闘中。

箱書き段階ですが、あれこれ面白がって思いついた事入れてったらページ足りず。再構成中。

「描かなければいけない事」のために「描きたい事」を削る勇気。大事ですね。ネームって常にそんな作業かも。頑張って削らねば。

16pというページ数との格闘は大変ではあるが、また面白くもある。でも弱音吐くともう4p欲しかったりして…。

 

2006年 03月25日(土)

ネーム中の巻

ネームやってます。っつーか今日はずっとボーっと頭の中で話の大筋をあーだこーだ考えてた。

ネーム作業前のアイデアの段階の作業っすわ。

大体2つ3つの違う主軸のエピソードを考えます。それぞれがどんな展開になるかなぁとザッと考える。

このネタだとページに収まらん…とか、こっちは流れがよくないかなl…とか色々と試行錯誤をして、最終的に一本の主軸と中で入れる小ネタが大体決まったら箱書き…ネームって流れですかね。

このエピソードを絞り込む時のあれこれ考えてる自分が、自分から見てもおかしい。

なんか頻繁にウロウロしてるんすわ。

部屋の一点をずっと見てたり、そうかと思うと何故か急に台所の方に移動してボーっと立ち尽くしてたり、なんか知らんけど洗濯機の前で目をつむっていたり。

これだけ書くと…なんか…俺、異常者ですな。

まぁ普段からこんななワケないんすよ。ん…いや、時々ふと考え事してると変なボケ方してるか…。

うん、まぁいいですわ。異常者で。

家の中でボケーっとあちこち徘徊するくらい問題あるまい。

そうだ。これはきっと俺だけではないよ。うん。多分漫画を描く人はみんなこんなだよ。うん。きっとそうだ。そうに決まってる。そうであって…。頼む、そうだと言ってくれ…。

 

2006年 03月23日(木)

日帰り帰省の巻

午前中に色々と用事を済ませ、午後にまたも用事で田舎へ向かう。

1月下旬から続くゴタゴタはなんやかやで継続中。

出掛ける前にネットで路線のルート検索。「どう乗り継いでいったら一番早く田舎に着くかな」と思ったのね。

そしたら意外な検索結果。

途中新幹線を使うのと、鈍行電車で行くのと、ルートが二つあるんだけど、到着予定時刻が同じという…。

新幹線は速いけど、乗り継ぎの待ち時間とかあって結局着くのは同じですよ。って事みたい。

そりゃ鈍行選びますよ。どうあっても同じ時間につくなら安い方ですよ。

やっぱ色々と調べてから電車に乗る方がいいですな。新幹線は速いから早く着くとは限らんのね。そんなに遠くない所に移動するには。

午後3時には田舎に到着。なんやかやで夜8時頃新幹線に乗って東京へ。

 

帰宅するとパチスロ漫画の原作が届いていた。

今度はどんなくだらない話にしようか…考える。

私的に色々と大変な時くだらない事を考えるのは結構しんどいが、これが仕事。全力でくだらない事を考える。

締切りに追われてる時など「プロの世界にいるなぁ」と実感を持ったが。実は今、一番プロの世界にいる実感を持っている。

何があっても俺はくだらない事を考えなくてはいかん。今、描き手としての資質が試される時かなと思う。

 

2006年 03月22日(水)

拍手?の巻

サイトの掲示板を撤去しましたわ。

今まで書き込んでくださった皆さんありがとうございました。

まぁエロ広告の削除が面倒になったのが撤去の最たる原因ですね。まぁ使用頻度もアレだったし。

人からの書き込みよりもエロ広告が多いとなると、もう掲示板が見るだけで俺のハートが千千に乱れて仕方なかったんですよ。

つっても何か俺に言いたい人には言って欲しいものなので一言メールのフォームでもつけようかと思ったんだけど…なんか今迷い中。

それより「Web拍手」でもつけてみようかなぁと思ったりもして。

まぁうちのサイトを見て何に拍手をすればよいのだ…って感じでしょうけど。

なんか自分から拍手を求めてる道化みたいで嫌ではあるんだけどね。見た感じあれの設置が簡単っぽいから。メッセージ送れるし。

Web拍手のメッセージは何処の誰が送ったかわからんらしい。っつーか俺的には好都合だ。やっぱWeb拍手かなぁ…。

 

日記も今更ながらブログ化してしまおうかなぁ…なんて思ってみたりして。

それで何が変わるワケでもないんだけど、なんとなくですね。

ブログのトラックバックとか正直いらんなぁと思う機能が気になっておったりもするのよね。トラックバックってアレ何でついてんのかね。いる?アレ。

ともあれ、出先での更新とかにはブログが便利なのよね。

でもあちこちブログサービスが多すぎて、どれにしたらいいのかわからん。まぁ何にせよ。日記をブログにするにしても原稿終わってからかなぁ。

 

2006年 03月21日(火)

Happy!の巻

昨日、某ゲームごときでヘコんでいた俺。Happyくれよと叫んだ俺は今日Happyを貰った。それをくれたのは日の丸を背負った戦士達であった。すばらしかった。

 

とある企画のために1p漫画原稿を描かないといかんのですが、うまいこと描けなくて困ってます。

どうも原稿にむかうたびに緊張してるようだ。肩に力が入っているのが自分でわかる。

絵を描く人だったら結構多くの人が経験してると思うのだが、「いざ本番!」と絵を描き始めるとうまいこと描けず。暇つぶしにノートの端に描いた絵が絶品の出来!なんて事がありますわな。

リラックスが必要なようだ。気負いばかりしてる感じ。もうこんな風になる事はないかと思っていたが…。

 

世間ではWinnyの話題が多いですな。

とかくWinnyというソフトに目がいってるようですが…どうだろう。著作権云々の違法ファイルの問題ならわかるのだが。

情報流出は情報管理のずさんさが問題でしょ。個人情報や機密を私物のPCに移してる時点でアウトですよ。私物PCに移してる時点で流出ですわ。

Winnyでウィルスにかかって流出とよく聞きますな。セキュリティソフトは入っておったんかいな。

ウィルスなんてセキュリティソフト会社とのイタチごっこですから、新ウィルスが出て即座に感染した場合とかソフトの対応が間に合わない事はあると思いますが、およそ過去のウィルスなら対応してるはずですよ。

セキュリティの甘いPCならWinnyでなくともウィルスに感染して流出する可能性がありますわ。Winnyがなくなったとしても問題は起きるはずですな。やはり問題は情報へ対する意識の甘さだと思いますわ。

およそ人は一つ「魔女」を決めて、それを叩く事で安心するものです。

Winnyを叩いて、ぶっ潰して、日本から消し去っても解決にはなりませんわな。

正確に何が問題なのか考え行動してもらいたいものです。さもないとこの情報流出は続くでしょうな。

 

最近引越しをする予定に…と書きましたが、また諸事情で引越しをするのは保留に。

もう少し東京人でいそうです。

 

2006年 03月20日(月)

Happyをくれ!の巻

今日はへこみましてねぇ…。

 

まぁなんでへこんだかって、別にただの某ゲームの1シナリオなんですけど…もう終わりが切なすぎて…。

俺の精神年齢のせいかもわからんけどねぇ。やっぱハッピーエンドが好きなんですよ。めでたしめでたしが好きなんですよ。希望にあふれた終わり方がいいんですよ。

世の中そんな終わり方ばかりの物語にあふれていたら、それはそれで嫌ですけど。でもあの二人はさぁ…。

いや、シナリオよくできてたんだけど、やっぱ切ないのキツイっすよ。切ないのなんてリアルにいっぱい経験してきたからお腹いっぱいなんですよ。

まぁそりゃ、のび太の恐竜も切ないっちゃ切ないんですけど…。でも大好きなんですけど…。

でもなんか今はHappyをくれよ!ベタベタでいいから!Happyなの見せてくれよ!

なんでエンディング見てから「うあぁ…ううー…何でだよぉ…くふ〜」なんて俺が半日へこんでなきゃいかんのよ。

っつーか主人公へこんでねぇのに俺へこんでるし!

まぁこの日記読んでる人には何のゲームやったか言わんから何言ってんだかわからんかもしれんのですけど、とにかくへこんだってこってすよ。

わかってもらえんかなぁ。わかってもらいたいわぁ。悪魔くん風に言えば「届け、君の心に」ってくらいわかってもらいたいわぁ。

もう言ってる意味わからんけど。

でもある意味納得いかんお話を見れたのはよかったかも。「俺ならこうするのに」って気持ちは創作意欲の第一歩になりうるので。

 

そうそうスーパーパチスロ777が多分今日あたり出たと思いますので、またお暇な方はご一読くださいますようお願いしますー。

 

2006年 03月19日(日)

感動をありがとうの巻

まぁ「感動をありがとう」という気持ちしかないですね。

野球じゃないっすよ。まぁもちろんWBCの決勝進出は感動でしたが、今日の感動はもちろん「劇的ビフォーアフター」ですよ。

今日最終回っすからねぇ。まぁスペシャル番組として時々かえってくるみたいですけど。

今までいっぱい笑わせてもらいました、この番組には。

日本の文化に憧れて古い民家を買ったドイツ人の家からどんどん「和の部分」を削り取っていく匠は凄かったし。

ウッドデッキの一部を外して組むと流し素麺セットが完成する家とか。

天井から液晶テレビをぶら下げて移動可能にした狭小住宅とかね。あんたケーブルやコードの事考えてねぇだろってな感じで。

いやぁ笑った笑った。。リフォーム頼んだお家の方には申し訳ないんですが…やりすぎの匠の時はホント面白かったです。

もちろん「この匠はマジですげぇ」と感動したことも多かったですけどね。

今まさに見ながら日記書いてますよ。今日の匠はちゃんとしてそうで、いいんだけど…それでいいんだけど…ちょっとでいいからやりすぎてくれないかなぁ…などと思ってしまったりもして。

2006年 03月17日(金)

久々の神保町の巻

午後三時に神保町へ。

ビッグコミックビジネスのの仕事は終わったのですが、とある企画の打ち合わせのために小学館へ。

雑誌にどうこうという企画ではないのですが、なかなか緊張感のある仕事が始まるかもわからんなぁという感じです。まぁ開始予定はまだまだ先なので詳しくは言いませんが。

 

その後は古本屋をちと回るも、たいした成果なし。

普段から古本屋に行くと探す本があるのだが今日も発見できず。

探しているのはかなりのレア物なのですな。それはコレです。

「まんがのかき方全百科」

小学館の子供向けのコロタン文庫のシリーズです。藤子不二雄先生監修のもと、お弟子さんの方倉陽二先生が構成執筆した漫画で読む漫画入門書です。昭和54年初版発行。

俺のバイブルです。

言ってしまうと既に俺は一冊持ってるワケです。しかし状態が悪い。小学生の頃に購入し、汚れ、分解し、それをボンドでくっつけて…などなどして今に至る物です。

つまり保存のためにもう一冊欲しいんですね。

打ち合わせをした編集さんには以前この本の話をしていたので今日持っていってお見せしました。見せたら驚いておりました。

これが子供向けと言うにはあまりにもハイレベルな指南書だったからです。

350pほどの本編のうち約200pを「テーマ・アイデア・アイデアの展開から応用・キャラクター・ストーリー構成…」など漫画の内容に関しての記述に使っているのです。

現在書店で見られる漫画のHOW TO本は絵の技術を主に解説したものが多いですが、これは逆です。絵や道具の技術については約100p程です。

漫画の内容を作ることに重点を置いた物で非常に稀なものなのです。

正直子供の頃は難しくて読んでもよくわからんかったのですが、プロの世界に足を踏み入れてから読むと凄い本だったのだと気づかされます。

こんな素晴らしい本を読んでおきながら、俺の漫画がショボイのはまぁ俺の実力のせいなんですけど…。

くしくも小学館の編集さんに会ってるワケですから、もちろん「出来る事なら再販できませんでしょうか」とお願いをしたりはしましたが、まぁ多分無理でしょうかね。

なにせ古い本ですし、執筆者の方倉先生も10年程前に他界されてますし。

復刻が期待できない以上古本を探すわけですが多分古本も少ないんすよね。何せ子供の扱う本なので痛んで捨ててしまう事が多いでしょう。なかなか古書店に流通しないモノかと思います。僕の持ってるのが13刷なので数は出た本なんだと思うんですけど…。

さっきネットの某有名サイトでみたらユーズド商品が約一万円してたし。ユーズドだとクレジットカード必要っぽいから躊躇してしまいます。カードねぇし。現金OKなら即買いするんですけどね…。

ともあれまたどこかに出掛ける時はこれを探そうと思います。俺の知り合いの方でこれを見つけたって人は確保お願いします…。

結構最近まで発行していたみたいなんだけどなぁ…。

 

2006年 03月16日(木)

ボケーっと考えるの巻

昨夜ちょっと某漫画家さんのトコを訪ねて、ちょいと情報交換なんぞしたりしました。勉強になりました。

 

朝、電車で帰宅する途中、寝不足な頭で色々とくだらない事を考える。

昨年は微分積分の本の作画をしましたが、なんかちょっと微妙な専門書とか漫画でやったら面白いかなぁ…とか。

「ホントは怖い株童話」とか考えた。

まぁ漫画でわかる株…とかもうあると思うので、とにかくもうひたすらに株のリスクの面ばかりを押し出して注意喚起ばかりしてる株の入門書ですよ。

まぁ読んだら怖くて株に手を出さなくなるかもしれませんが。

その辺はタッチを童話っぽくしてヤンワリやってみるとかね。シンデレラが継母に隠れてデイトレードに手を出して…とか。

ああ…俺ホントにバカかもなぁ…。

 

そういや明日は打ち合わせに神保町へ行きまする。

 

2006年 03月15日(水)

更新しました。すいませんの巻

とりあえず絵日記漫画を更新しましたよ。

まぁ別に楽しみにしてる人もおらんかと思いますが、まぁ暇つぶしにどうぞって感じです。

なんか問題あったらご報告いただけたらと思いますわ。

 

こちらはちょっと慌しい私生活のままですかね。

普段から薄らボンヤリな人間なので何とか頑張らんといかんなぁと思いますわ。

 

何とか暇をみて読書とかゲームとかしたいですわ。特にゲームですかね。

近年どうもゲームというものからは遠ざかり気味でして。

ゲームってとにかく時間がかかるし、遊んでるうちに「こんな事してていいのかよ、お前」と自分でストップをかけてしまうのですな。

しかし「ゲームも仕事のうち」と家族にも言われまして。こういう仕事をしてる以上は何でも知的栄養補給ということでやりたいと思います。

とりあえず英雄伝説「空の軌跡SC」もキチンとゲットはしてますので(インストールすらしてないが)やりたいですね。

まぁ後は色々と買ってはあるがやってないゲームなどなどやろうかと。

某ゲームの続編とか、家族から「セイバールートだけでもやれ」と言われた某ゲームとか。

果たして根気よくゲームばかりできるか不安ですが、頑張ってやろうかと思いますわ。

 

 

2006年 03月14日(火)

何もしてなくてすいませんの巻

何だか一週間以上何も更新してなくてすいません…。

いや、まぁ、今色々とありましてねぇ。

絵日記漫画は明日か明後日には更新しますわ…。もうセリフは打ち込み終わってるので…。すいません。

 

いやぁ、昨日今日あたりは特に色々とゴタゴタしてまして…。今までの人生の中でもトップクラスな高い物を買うような話を…。まぁあまり言いませんが。

あの壺が…あの聖なる壺がくれば我が家も安泰じゃぁ。

まぁウソですけどね。

買うワケねぇし壺なんて。まぁ別に買い物に関してはあまり語りませんわ。

 

さぁ、これで今年はいっそう頑張らんといかんなぁと思いますよ。

 

2006年 03月5日(日)

そろそろ描いてますの巻

ゴタゴタしていたのでスッカリ絵日記漫画の事を忘れていた俺。

単に昔のヤツの残りモノを再アップするだけだとつまらんかなぁと思って、続きを暇見て描きました。

今度はコミスタあたり使って読みやすいように字を打ち込んでいこうと思います。

なのでまだ見せられる段階ではないのですが、絵の作業自体は終わっておったりして。

取り込んで字を打ち込んだら昔のとまとめてアップするつもりですわ。いつになるかはわからんけど。

 

そういやドラを観に行った時に劇場でジブリの「ゲド戦記」の予告を見ましたが、何だか予告にしてもやけにマッタリな印象を受けましたわ。

どんななんかなぁと逆にちょっと興味わいたけど。

とりあえず今現在の宮崎駿の色を意識して作らないでくれたらいいなぁと思っておったりします。

若い監督さんにはやはり若いなりに無茶やって欲しいんですな。

思えば宮崎駿氏も昔はかなり無茶苦茶なコトやってくれてた気がしますわ。コナンやカリオストロ観ても結構ハチャメチャなシーンあって。

若さゆえの大胆さというか、勢いというか、落ち着きのなさというか、荒々しさというか…まぁうまい事いえませんが。

そういうのをやってきた上で今の宮崎駿氏があるので。経験をつまずにその域の人の影響を作品に色濃く出してしまった場合、ヤバイ事になる場合があると思ったりしたりして。

まぁジブリともなるとただでさえ色々大変なんでしょうけどね。いろんな企業が絡んでくるし。息子だから父親を意識しないってワケもなさそうだし。宮崎ゴロー監督は結構大変でしょうなぁ。

まぁジブリの若い人には頑張って欲しいなぁと思ったりしますな。

 

2006年 03月4日(土)

感動でピューイの巻

今日は朝七時起床。電車に揺られて行ってきました。のび太の恐竜。

今日が公開日だったのですな。

昼間に行ったらお子様だらけのはず…。というわけで朝一の八時半からの上映に照準を合わせたワケです。

よもやこんな時間にいっぱいになるはずはない…。そう思いながら八時ちょうどに劇場へ行くとかなりの行列が既に。

親子連れや子供ばかりなり…。

ここに大人の男一人並ぶのは恥ずかしすぎる!帰るか…?…否!前売り買っておいて怖気づくワケにはいかん。ここで帰るは藤子F先生に背を向けるも同然!

何事もなかったような顔で並ぶ。

しかしこの行列。すべてがドラえもんを観に来たワケではなかった。ちょうどワンピースとか、他の映画目当ての人も混ざってたのだ。つっても子供ばかりだが…。

チケット売り場で並び進む。ふと振り返ると俺とそんなに歳も変わらん大きなお姉さんが二人。

どうやらワンピースがとっても大好きなお姉さん達のご様子。

…この人らが「あり」なら、この歳で一人でドラえもん観に来てる俺も「あり」だろ。と勝手に納得。

観たいモノは観たいわよね、お姉さまがた。

結局場内でドラえもんを観たのは三十人ほど。ガラガラでした。早朝を攻めて正解だった。

 

そして観た結果…えーっとDVDを買います。必ず。

凄かったです。子供時代ドラえもんバカだった俺なのでかなり贔屓目にみてるかもしれんけど、俺は良かったです、とても。

感動でピューイピューイと泣くかと思いましたよ。

 

新スタッフの溢れんばかりのアニメーター魂を感じましたわ。動き・構図…何もかも生まれ変わった感じのドラえもんでした。ドラえもんねぇ…とバカにすることなかれ。って感じですわ。

 

2006年 03月3日(金)

大掃除開始の巻

数ヶ月以内に引っ越すことになると思うので部屋の掃除もしつつ、不用品の整理を開始。

まぁつっても雑誌や本がメインですわね。

「これはまたちょっと読み返すかも…」「これも資料として…」と思ってとっておいた本も結構容赦なく処分する決意。

いつぞやテレビで整理整頓の達人みたいな人が言っておった。

「この2年で一度も着なかった服は一生着ない」

たしかそんなコト言ってた。そうね。多分そうだわ。本も多分一緒なのだと思うわー。数年読み返しもしないモノはいらんはず。必要なモノがあったら必要な時に買い戻すわ。

…と思いもするが、いざとなると「でも本は財産って言うしなぁ…」と貧乏性も発動。

結局は「捨てる・捨てない」の選択にかなりの時間を費やす。当分この戦いは続きそう。

 

…なんか漫画描きっぽいコトも描いておこうか。

最近チョコチョコと細かいトコに使用してるペンがある。

タチカワの新ペン先のSchool Gとか言うやつ。まぁ漫画用の万年筆みたいなモンですな。

基本的にメインの線は付けペン(Gペンとシュタインペンとの併用)でやってるんですが、ちょっとした書き残しとかすげぇ小さい人とか描く時に便利。

人によっては使いにくいという人もいるとは思いますけど。

これ一本で主線全部やる気にはならんけどね。持つ所にちょうどキャップがはまる溝がきて長時間持ってると指痛くなるので。

 

とりあえず営業漫画の仕事はなくなってしまいましたが、今後も頑張って色々描いていこうと思いますわ。営業漫画を読んで応援くだすった皆さんありがとうございました。今後もどうぞよろしくお願い致しますです。

 

2006年 03月2日(木)

原稿を渡しましたの巻

とりあえず原稿を渡して一安心。

先月はちょっと肉体的にも精神的にもダメージがあった状態でやってたのでキツかったですが、今月は結構いい具合に進行できたかと。

だんだんと自分のイメージがちゃんと描けるようになってきたかなぁと思いますわ。

やはりこないだの秋の絶え間ない仕事がこのヘタッピを成長させてくれたのだと思います。お仕事させていただいた方々へホント感謝です。

さらに頑張らんといかんなぁと思いますわ。

 

しかしまぁ色々とありまして。

俺が絵を入れていた営業漫画はこないだので終了というコトになりました。雑誌の方針見直しに伴って、内容が雑誌のコンセプトから…まぁ色々と。

まぁこれは先月にはわかってたことなんですが、今頃ご報告。

 

これで暇になるのかと思いきや、まぁ当分は色々とありまして大変は大変な感じですかね。まぁ私的な事ばかりですが。

ちょっとまた田舎と東京を往復したりする…のかなぁ。わかりませんが。

あと諸事情により引越しをする予定が出てきました。

急にではないのですが。東京都民は卒業します。二年で。

ちょっと当分慌しい生活になりそうですわ。っつーか年明けからずっと慌しかったりしますが、1月2月は何度新幹線に乗ったかわからんくらいだし。

 

しかしどれだけ慌しくとも行きますけどね。のび太の恐竜2006。

 

2006年 03月1日(水)

終了

原稿終わりました。

まぁ終わったのは正確には2日の午前2時過ぎですが。まだセリフ入れてなかったりもしますが、まぁそれは明日にしますわ。

明日の午後三時に原稿渡し予定。

 

まぁ少し休みますかね。仕事が一段落しても気が抜けない状態も色々とあったりするので休める時に休んでおかんとね。

 

そういや週刊誌ネタですが、ライブドア絡みで沖縄のカプセルホテルで亡くなった人いたでしょ。

現場に本人のモノでないサッカーシャツがあったワケですが、警察署で保管していたシャツが忽然と消えたそうですね。本当かどうか知りませんが。

もうねぇもし本当なら…日本怖すぎです。闇深すぎですわ。

そんな日本がとても怖いので勇気をもらいに劇場に行ってきますよ。まぁドラえもんですけどね、観るの。あ、まだ公開前か。